豆知識

南海トラフ大地震の前兆や予想日は当たる?避難時にあると便利な物まとめ

最近地震が増えてきました…。

今後30年以内に70~80%の確率で発生し、

最悪の場合、死者が32万以上に達するとされている

南海トラフ地震。

 

揺れ時間は3分、そして私が住んでいる場所は

津波が3分で到達します。

 

考えただけでも恐ろしい…

 

そして5月16日ごろから

南海トラフ地震の前兆では?と

いわれる出来事も多数起こっています。

 

くわしく見ていきましょう。

 

南海トラフ大地震、前兆は当たる?

 

5月16日ごろから、

地鳴りがするなどのツイートが

Twitter上で話題になりました。

 

その後、地鳴りのツイートは18日ごろまで続きました。

 

そして、5月17日深夜から5月18日にかけて

地震雲の投稿が多数アップされています。

 

地震前には必ずといっていいほど

地鳴りがした、などのツイートがあげられていますよね。

 

地鳴りのツイートが一番多かった時間帯が

5月16日の20時前後です。

 

この時間帯での地震は観測されていませんでした。

ちなみに、雷なども落ちていません。

 

よく調べてみると、

地鳴りがしたから地震が来る、

というわけではないようです。

 

専門家によると、

地震予知と地鳴りの関係はいまだ科学的に解明されておらず、地震の前兆として考えるのは現時点で早計

と指摘しています。

 

地震雲についても、

信ぴょう性が低いと言われていました。

 

地鳴りも地震雲もあまり

信用できるものではないのかもしれませんね。

 

南海トラフ大地震はいつ来る?

気になるのは、地震がいつ来るのか!です。

予測することができるのであれば、

ぜひ予測してもらいたい!と思いますよね。

 

私は南海トラフがいつ来るのか、

不安で不安でたまらないとき

過去に起きた南海トラフ地震について調べます。

 

地震って、結構周期的に来るような感じがするので

過去の地震記録を見ることで

次の南海トラフ地震がいつなのか

つかめるような気がするからです。

 

過去にわかっている段階での南海トラフ地震は

7月~翌2月に起きていました。

さらに12月は16件中5件が発生しており、

きわめて危険だということがわかります。

 

そして、黒潮の非大蛇行期になると危ないと思います。

黒潮は常に大蛇行しています。

この大蛇行は、少なくとも2019年7月頃までは

続くとされています。

 

黒潮の大蛇行がなくなってしまうと、

ちょっと怖いですね…。

 

ぜひとも7月以降も

大蛇行を続けてほしいです。苦笑

 

現在たくさんの予言が出ていますが、

私が個人的に信じれるな~と感じたのは

この二つです。

 

どちらにしても

2019年に来てもおかしくないということはわかります。

 

非難するときの準備は大丈夫?

 

冒頭でもいったように、

私が住んでいる場所は

地震発生後、津波が到達するまで3分しかありません。

 

避難所に行くまでのみちのりも

そこそこあるので、正直、いやかなり心配です。

 

避難所は山道を登ったところにあるのですが、

とりあえず山道を登る坂をある程度登れば

安心できるのかな、という風に思っています。

 

実際に動画などで津波を見ると

かなりスピード感が合って

「うわ、無理だ」と感じました。

 

雨の日や夜などに来てしまうと

逃げられそうもないです。断言…。

 

そして我が家には3歳と2歳の子供がいます。

旦那がいる夜であればなんとかいけそうですが

私一人では10キロ以上ある子供2人を

抱えて逃げるのは厳しそうです。

 

保育園にいる間にきてくれ…

と何ともわがままな感情も出てきております。

 

お願いします。

できるだけ昼間、旦那がいる時間もしくは

保育園に子供を預けている時間に

来てほしいです。なんだこれ(笑)

 

そんな私が避難袋の中に準備しているものを

紹介していきます。

 

  1. ナプキン
  2. おしりふき(一つ)
  3. フェイスタオルとバスタオル
  4. 子供の着替え3着ほど
  5. 子供の上着
  6. ビニール袋
  7. 絆創膏
  8. 風邪薬
  9. お菓子
  10. パンの缶詰
  11. 水2L

この量がカバン的にも重さ的にも限界でした。

持って逃げることを考えると、

これ以上は詰めてはいけない、と思いまして

結果この11点に収まりました。

 

(実はもっと詰めていて

旦那に持てる?といわれ、持てなかった。)

 

逃げることを優先して、

最悪荷物は捨てる勢いです。。。

 

非難用の荷物を作るにあたって、

沢山調べたのですが

この「パンの缶詰」

すごくいいらしいです←

 

甘くてふわふわで、

東日本大震災の時にかなり重宝されたそうです。

 

私はカバンの中に二つ詰めていますが、

もし自宅が津波浸水区域でなければ

ケース買いもありだと思います。

 

 

 

私はこのパンを買いました。

6缶セットなので、残りの4缶は実家に持っていきました。

 

私のように準備するのではなく、

地震の避難時に持っていくために

すでに準備されてるリュックも販売されていますよね。

 

 

 

 

値段は結構しますが、

あればかなりいいと思います。

だって、36点入っていますよ…。

 

二人用になっているものを

一人で持っていけるのも

逃げるときいいかなと感じます。

 

 

必ず来るといわれている地震、

しっかり対策しておくことで

とりあえず安心かと思います。

 

何も準備していないのと、

準備しておくのとでは

心構えも違ってきますよ。

 

靴はすぐ履ける場所に置いておく、

寝る前は、夜地震が来たときまずどうするのかを

頭の中で考えてから寝る(やり過ぎると眠れなくなります)

などを実行しています。

 

必ずやってくる地震のために、

まずは準備から行っておきましょう!