季節

【6月16日】和菓子の日って?限定イベントや老舗和菓子を紹介!

日本のお菓子といえば「和菓子」

 

こんぺいとうやお饅頭など、

毎日おやつとして食べている方も

多いことでしょう。

 

日本では、6月16日は和菓子の日!

和菓子の日の由来や限定イベントなどを

詳しく紹介していきます。

6月16日は和菓子の日!

和菓子の日は、

1979年に「全国和菓子協会」が

作った記念日です。

 

和菓子の日のようなイベントを行うことで

市場の活性化にもつながりますよね。

 

バレンタインデーのような

定番のイベントではないかもしれませんが

和菓子屋さんではかなり賑わいを見せているようです。

和菓子の日の由来

和菓子の日の由来は、平安時代にまでさかのぼります。

 

当時の仁明天皇が6月16日に

16にちなんだ数の和菓子を

神前に供えて健康を祈ったそうです。

 

他にも様々な説がありますが、

厄除けや健康を願って「和菓子の日」は

作られたことがわかります。

どんなイベントがある?

和菓子の日になると

全国の和菓子屋さんを中心に

様々なイベントが開催されています。

明治神宮でのイベント

 

この投稿をInstagramで見る

 

fujishigeritsuo(@fujishigeritsuo)がシェアした投稿

明治神宮では、毎年

6月16日に一番近い週末に

和菓子を無料配布しています。

 

大々的に行われているイベントではないですが、

口コミで広まって毎年多くの方が訪れているそうです。

 

和菓子職人の方がその場で作って

配布してくれるのもいいですね。

普段見ることができない作業を

見られるのでぜひ訪れてみてくださいね!

新型コロナウイルスの影響により、2021年の開催についてはまだ把握できていません。情報がわかり次第、追記します。

日枝神社でのイベント

 

この投稿をInstagramで見る

 

キラキラ星724(@kirakiraxing724)がシェアした投稿

日枝神社でも、6月16日になると

健康を祈って和菓子を奉納する

イベントが開催されます。

 

和菓子には繊細が技術が必要ですが、

めったに見る機会がないので

ぜひ開催されたときは訪れてみてくださいね。

新型コロナウイルスの影響により、開催は未定です。情報が入り次第、追記いたします。

この日しか食べられない!?限定の和菓子を調査!

和菓子といえば、「たねや」「とらや」

老舗の和菓子店として

知らない方はいないのではないでしょうか。

 

今回は、この2つの老舗和菓子店で

発売される限定の和菓子を紹介します。

たねや「吉兆嘉祥」

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kyoko_sukekawaがシェアした投稿

こちら、お団子をカメに見立てた和菓子。

上品なこしあんを包み、きれいな染飯を

飾った「吉兆嘉祥」(7個入り864円)です。
6月16日の1日だけ、限定で販売されます。

確実に購入したいなら予約は必須!

 

ぜひ、興味がある方はチェックしてみてくださいね。

 

たねや公式HP

とらや「嘉祥蒸羊羹」「嘉祥饅頭三個入」「福こばこ」「嘉祥菓子七ヶ盛」

まずは、嘉祥蒸羊羹から紹介します。

こちらは、黒砂糖入りの羊羹です。

もっちりとした食感と

小豆の粒感、そして

黒砂糖のあまみが何とも言えません!

 

夏負けの防止にもなるといわれている

黒砂糖が練り込まれた羊羹で

これからの厚さをしのぎましょう★

 

1本1,260円で販売されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hanae(@smileteatime)がシェアした投稿

嘉祥饅頭三個入は、

薯蕷饅頭、新饅、利休饅の3種類が

入っているセット饅頭です。

 

和菓子の日にちなんだ焼き印が

とてもかわいらしいですよ♡

 

こちらは1箱 1,296円です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

apom-things(@apom_things)がシェアした投稿

福こばこは縁起のいいとされる和菓子が

一つの箱にぎゅっと詰まっています。

 

福を招く、という意味でもぜひ食べてみたいですね。

こちらは1 箱 2,160円です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

昼間弓子(@tablestyle_yumiko)がシェアした投稿

嘉祥菓子7ヶ盛は、

江戸時代に宮中へ納めたお菓子を

セットにしています。

 

食べごたえもあって

すごく魅力的ですね♪

 

こちらは3,240円となっています。

 

それぞれ、お菓子には受け取り期間や

予約時期などがあるようなので

公式HPより確認してくださいね。

 

とらや

和菓子はどれくらい日持ちする?

和菓子といっても種類があり、

それぞれどれくらい日持ちするのかも違ってきます。

 

例えば干菓子であれば

1ヵ月ほど日持ちします。

 

ですが、生の和菓子であれば3日くらいが目安です。

 

和菓子は冷蔵庫で保存するお菓子ではないので

(羊羹は冷やすとおいしいです)

常温で保存してできるだけ早く食べたほうがいいですね。

 

もし、実家の母や祖母、

義母などへの贈り物として

和菓子を考えているのであれば

日持ちのする干菓子のほうが喜ばれるでしょう。

 

私が好きな和菓子は、和三盆です。

何ともいえない優しい口どけと

甘さはついついつまみたくなってしまいます(笑)

 

いつのまにかなくなっている!

なんてことしょっちゅうですよ。

 

和菓子の日にはぜひ、

おいしい和菓子を食べて過ごしてみてくださいね!